IPSコスメティックスで生まれ変わる

化粧下地のカラーコントロール

IPSコスメティックスの化粧品ってどうなの?化粧下地には元々のお肌の色を補正するという役割もあります。
化粧下地のカラーコントロールコスメティックスを選ぶ場合には
どのようにして選ぶといいのでしょうか。

まず色白で赤みのある方は緑系の下地コスメティックスを選んでください。
これによって赤みが消えます。

そしてくすみがあり、透明感を出したいと思う方は
ブルーの下地コスメティックスがおすすめです。

さらにパールを配合しているものを使うことによって艶を出すことができます。

また同じくすみであっても茶色のくすみやにきびによるくすみの場合には
イエローの下地がおすすめです。

他にも目の下にクマができた場合にも使ってみてください。サプリメント

どの色のコスメティックスでお肌の色を補正できるのかは使ってみなければわからないものです。
テスターなどを使ってみてから選ぶのも方法です。

使うファンデーションとの相性もあるので、下地の上にファンデーションも使ってみて発色を調べてみてください。

化粧下地やファンデーション以前にスキンケア用品として効果的な物をお探しの場合は
IPSコスメティックスによるスキンケアがお勧めです。

IPSコスメティックスには、スキンケア用品としてコンディショニングバーという化粧石鹸と
美容液であるエッセンスがあり、この2つだけでスキンケアができてしまうので
負担に感じることなくケアが続けられます。

また、ヘアケア用の製品もこだわって作られていますので
併せて試してみると良いでしょう。

シャンプーはいつから使用されていた?日本における洗髪の歴史

毎日使用しているシャンプーですが、いったいいつから使用されていたのでしょうか。
今やシャンプーで頭を洗うことは、多くの日本人にとって日課になっています。

昔は、石鹸は輸入品の高級品で、なかなか庶民には手に入りにくいものでした。
その後、品質の良い国産石鹸が販売され始めた1890年頃から広く使用され始めます。

後に髪を洗う専用の石鹸、今で言うシャンプーが1932年に販売されますが、
その当時の広告のキャッチフレーズが洗髪は月に2回は洗いましょうといったものでした。

そのことから当時はかなり長い間洗髪をしなかったことが伺われます。
今では考えられない頻度ですね。

1935年頃には1週間に1度程度、石鹸で洗髪するような習慣が始まり、
今のような合成シャンプーが使われ出したのは1950年代からとなります。

合成シャンプーが発売されてからは、使いやすさもあって
洗髪の頻度は増え毎日洗うことが当たり前となり、
シャンプーは現在に至るまで様々な進化を遂げています。

洗顔用