IPSコスメティックスで生まれ変わる

スキンケアや化粧品の効果効能は人それぞれ

IPSコスメティックスの化粧品ってどうなの? 今までに無い感動を得られるというIPSコスメティックスは
より美しく、より新しくと言う事をモットーにして開発されたスキンケアー商品です。

人の肌と言うのは、赤ちゃんの頃とくらべると、加齢となることにより
肌への弾力、保水力と言った物が年々薄れていきます。

これは人間が生きていく上ではどうしようもない事なのですが、
IPSコスメティックスなどのスキンケア商品を利用する事で、
肌への若返りが期待出来るのです。
使い分ける
容量 40mL メーカー希望小売価格10,000円+消費税

[ご使用方法]

朝の洗顔後、3プッシュを手に取り、顔全体にやさしくなじませます。乾燥やダメージが気になる部分には、さらに3プッシュを取って重ねづけしてください。最後に、顔全体を手のひらで押さえるようにして浸透させます。

成分/水、BG、グリセリン、ソルビトール、カミツレ花エキス、コメ発酵液、マグワ根皮エキス、ヒバマタ エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、スギナエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、アシタバ葉/茎エキス、メチルグルセス-10、ローズマリー葉エキス、ハチミツ、チャ葉エキス、シラカンバ樹液、ホホバ葉エキス、カルボマー、エチドロン酸、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エタノール

うるおい美肌は女性の憧れ!化粧水の歴史

毎日の洗顔後に当たり前のように使っている化粧水ですが
「化粧水」の歴史を辿ってみると、古くは古代ギリシャローマ時代にまでさかのぼります。

エジプトのクレオパトラ女王が、バラのエキス入りの「バラ水」を愛用していたり
「バラ風呂」に使っていたことは有名な話です。

我が国日本の化粧水の歴史も、11世紀頃に書かれた枕草子に「菊の露」の記述があり古いことを伺わせます。
江戸時代からはヘチマから採取したヘチマ水を美肌効果があるとして、多くの人々がスキンケアに利用するようになりました。

その評判が評判を呼び、美肌効果が高いヘチマ水は、江戸城大奥にも献上されるほどでした。

「浮世風呂」で有名な戯作者の式亭三馬は、執筆のかたわら薬業を営み
「江戸の水」という自作の化粧水を販売し、これを使うと「白粉」のつきがよく
長時間、化粧が崩れにくいと高い評判を得たという記述もあります。

洗顔後や化粧をする前に、肌を整える意味で使うようになった化粧水の歴史は
予想以上に古く、美しい肌への意識は現代と変わりないことが分かります。


若返りを実感

アンチエイジングを謳った化粧品というのはいくつかあります。
もちろんこれまでもそうしたコスメティックスを使ったことがあります。
でもそのどれとも違っていました。

お勧め製品IPSコスメティックスを利用する事で、肌にハリが戻った感覚になる人は多いものです。
個人差と言うものがありますので、全ての人が同じ様な感覚になる事は難しいのですが
自分に合ったスキンケアー商品と言うのは、他の人よりもその感じ方が変わります。

たまたま私がIPSコスメティックスを利用し、自分の肌に合っているからなのかもしれませんが
利用する事で、自分の肌にハリが戻り弾力性を得られる、という結果に繋がったのです。

また、IPSコスメティックスには全ての人に対して、同じ様な感覚を得られるという
キャッチフレーズが利用されている事からも、自分と同じ様なハリのある肌になれる可能性が
とても高いスキンケア商品でもあるのです。