スキンケアや化粧品の効果効能は人それぞれ

IPSコスメティックスでより良い毎日を今までにない感動を得られるというIPSコスメティックスは、より美しく、より新しくと言う事を
モットーにして開発されたスキンケア商品です。

人の肌と言うのは、赤ちゃんの頃とくらべると、加齢となることにより
肌への弾力、保水力と言った物が年々薄れていきます。IPSコスメティックスの洗顔料IPSコンディショニングバーの肌に良い成分とは?

これは人間が生きていく上ではどうしようもない事なのですが、IPSコスメティックスなどのスキンケア商品を
利用する事で、肌への若返りが期待できるのです。


使い分ける
容量 40mL メーカー希望小売価格10,000円+消費税

ipsエッセンスジェルについて[ご使用方法]

朝の洗顔後、3プッシュを手に取り、顔全体にやさしくなじませます。
乾燥やダメージが気になる部分には、さらに3プッシュを取って重ねづけしてください。最後に、顔全体を手のひらで押さえるようにして浸透させます。

成分/水、BG、グリセリン、ソルビトール、カミツレ花エキス、コメ発酵液、マグワ根皮エキス、ヒバマタ エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、スギナエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、アシタバ葉/茎エキス、メチルグルセス-10、ローズマリー葉エキス、ハチミツ、チャ葉エキス、シラカンバ樹液、ホホバ葉エキス、カルボマー、エチドロン酸、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エタノール

うるおい美肌は女性の憧れ!化粧水の歴史

毎日の洗顔後に当たり前のように使っている化粧水ですが、「化粧水」の歴史を辿ってみると
古くは古代ギリシャローマ時代にまでさかのぼります。

エジプトのクレオパトラ女王が、バラのエキス入りの「バラ水」を愛用していたり「バラ風呂」に入っていたことは有名な話です。憧れ

我が国日本の化粧水の歴史も、11世紀頃に書かれた枕草子に「菊の露」の記述があり古いことを伺わせます。
江戸時代からはヘチマから採取したヘチマ水を美肌効果があるとして、多くの人々がスキンケアに利用するようになりました。

その評判が評判を呼び、美肌効果が高いヘチマ水は、江戸城大奥にも献上されるほどでした。

「浮世風呂」で有名な戯作者の式亭三馬は、執筆のかたわら薬業を営み
「江戸の水」という自作の化粧水を販売し、これを使うと「白粉」のつきがよく
長時間、化粧が崩れにくいと高い評判を得たという記述もあります。

洗顔後や化粧をする前に、肌を整える意味で使うようになった化粧水の歴史は
予想以上に古く、美しい肌への意識は現代と変わりないことが分かります。


若返りを実感

アンチエイジングを謳った化粧品というのはいくつかあります。
もちろんこれまでもそうしたコスメティックスを使ったことがあります。
でもそのどれとも違っていました。

お勧め製品IPSコスメティックスを利用する事で、肌にハリが戻った感覚になる人は多いものです。
個人差と言うものがありますので、全ての人が同じ様な感覚になる事は難しいのですが
自分に合ったスキンケアー商品と言うのは、他の人よりもその感じ方が変わります。

たまたま私がIPSコスメティックスを利用し、自分の肌に合っているからなのかもしれませんが
利用する事で、自分の肌にハリが戻り弾力性を得られる、という結果に繋がったのです。

また、IPSコスメティックスには全ての人に対して、同じ様な感覚を得られるという
キャッチフレーズが利用されている事からも、自分と同じ様なハリのある肌になれる可能性が
とても高いスキンケア商品でもあるのです。

 

人類とスキンケアの歴史

化粧水そんなクレオパトラのバラ風呂や江戸時代の化粧水に代表されるように、
人類には古くからスキンケアを意識してきた歴史があります。

つまり現代のスキンケア術は、そのような数千年に及ぶ試行錯誤の積み重ねの上に成り立っているとも考えられます。

古い時代ではもちろん成分という考え方さえなかったので、植物から採れるオイルやハチミツなどを
使用したスキンケアが主流でした。

ただそれらをただ肌に塗るのではなく、調合するなどの工夫は早い段階から行われています。
さらに欧米には肌を血液に触れさせることでケア効果があるという考えを持ち、それを実行した歴史的な有名人も
いるほど、スキンケアは重要視されていました。

世界的に見ると発展が比較的遅い日本では、スキンケアの元となった考え方が残っているのが平安時代です。
外国から用いられた白粉によって、顔全体を白く塗ることが美しいとされました。

現代人から見ると滑稽にも思えるような白塗りも、当時の人からすれば自分を美しく見せるためのスキンケア術だったわけです。

もちろんまだ日本全体が統一もされておらず、身分の格差もある時代で誰もが肌のことを考えられるはずはなく、
スキンケアは一部の上流階級の人たちのものでした。

ただその文化は平安が終わった後でも続くことになります。

スキンケアや美容といった考え方が一般の人にまで広く伝わるようになったのは、江戸時代になってからです。
数多くの美容用品や書籍が発行されました。その中でも大きなヒットとなったのは、江戸時代後期の1813年に刊行された都風俗化粧伝と
いう美容指南書です。

内容は化粧の仕方やファッションなどについて書かれていて、つまり現代でいうところの美容雑誌です。

現代でも資料として残されていて、化粧であれば顔立ちに合わせた方法など、細かな部分にまで分けられています。
そしてそこには、ぬかが入った袋を使ったスキンケアについても書かれています。

作る際にはぬかをしっかり振るい、円を描くようにして使用するといった、まさしく現代のケアと大して変わらないアドバイスです。
さらにコラーゲンを使ったパックの方法まで書かれているなど、現代の方法が数百年前にすでにほぼ完成していたことがうかがい知れます。

江戸時代が終わると日本には文明開化の時代が訪れ、もちろんスキンケアの内容も発展します。
明治時代に入るとすでに石鹸を始めとする高度なアイテムが購入できる環境になっていて、現代との大きな違いを見つける方が難しいです。

 

女性の社会進出とともに化粧は「マナー」になった

明治時代ですでに美容面での水準が高かった日本ですが、戦争を挟むことになるため、美容面でも停滞します。
しかし戦後になるとその意識は、経済の成長と共に改めて急激に高まります。

元々基礎として質の高いものを持っていたため、その発展も目覚ましいものでした。
そして化粧との結びつきが深いのは、主な使用者である女性の社会進出です。

様々な事業が多様化して顧客の女性により近い感覚でのもの作りやサービスの提供ができること、経済成長で必要になった
働き手の需要に合わせるなどで、多くの女性が社会進出を果たしました。

女性のマナー

それに伴って化粧はマナーの一部になり、ある程度固まった女性としての像が、ほぼ例外なく全ての女性に求められた形です。

もちろん女性自身の美しさに対する意識が高いという点もあったため、毎日のように化粧をする必要がありました。
しかしもちろん見た目を良くすることだけを考えて作られた化粧では、全ての日本人女性の肌に合わせることは不可能です。

特定の成分にのみ過剰に反応してしまうアレルギー体質や、他の人と比べると全体的にダメージを受けやすいなど、色々な問題があります。

化粧の仕上がりも当然異なり、社会によってもどのような見た目を必要とするかは違います。
したがってそのような違いに合わせられるように、様々な化粧品が作られました。

また化粧には肌荒れなど、見た目があまり良くない部分を隠す役割もありました。
けれどスキンケアアイテムが化粧と共に発展したことや、個人の知識が充実したことによって、その意味合いは比較的少なくなっています。

そのため現代では女性の肌が本来持っている美しさをアピールできる、ナチュラルメイクも定番のひとつとして数えられます。

化粧はもはや肌の悪い部分を隠す役割ではなく、肌が持つ性質を美しい方向へと導く役割も持っています。
そして男女平等が叫ばれている現代では、化粧は女性だけのものではなくなりつつあります。

見た目を意識しなければならない芸能人を始めとして、男性の中にも普段から化粧をする人もいます。
なのでこれから社会全体のマナーとして浸透する可能性は十分に考えられます。

さらに現代では個人の特徴を生かす多様化も進んでいるため、化粧の仕方ひとつをとってもルールの束縛は弱いです。
流行り廃りはありますが、長い歴史の中で培ってきた化粧の基準の上で、あくまでも自分が良いと思える化粧ができる時代は目の前に来ています。